専門家に相談してください!闇金(ヤミ金)対策が得意な司法書士事務所や弁護士(法律事務所)を口コミ比較ランキングでご紹介!問題解決の近道です!

闇金の被害にあってしまう人の特徴とは

生活をしている間にはさまざまな出来事があります。貯金などがあり金銭的に余裕がある方は、急な出費やトラブルでお金が必要になった場合でもあわてずに対処できますが、貯金がなく金銭感覚がゆるい方の場合には、急な出費やトラブルに対応ができずピンチな状況に追い込まれてしまう傾向があります。

また、個人事業主でも中小零細企業などの場合には、資金繰りが滞ってしまうこともあり、そのような状況から脱出しようと借金をしてしまう傾向もあります。

すぐにお金が必要なケースや多重債務状態は注意

闇金のターゲットになりやすい特徴がある方として、すぐにお金が必要なケースや多重債務状態のケースが挙げられます。生活をしていればなんらかのトラブルに巻き込まれることもあり、予想もしていない出費に対応できずに借金をしてしまうケースもあります。特に貯金もせず金銭管理がきちんとできていない方などがその状況に陥りやすいため注意が必要です。

また、多重債務状態になると消費者金融からもお金を借りられない状況になり、かなり精神面でも追い込まれます。その状況で、審査がいらず、即日融資可能などの広告を目にしてしまうとすがってしまうこともあるでしょう。この手の業者は、精神的に不安定な状態や金銭的に追い込まれて身動きができないような状況の方をターゲットにする傾向があるため、注意が必要です。

ですが、通常、金銭的にも余裕があり生活が安定している状況ならば、そんなものにひっかかるわけがないと思っている方も多いでしょう。精神的に安定している、冷静に物事を判断ができる状態なら確かにひっかかることはあまりありません。しかし、金銭的に追い込まれている状況というのは心を乱すことになり、焦って冷静な判断力が欠如しているので、この手の業者や広告にひっかかってしまいます。金銭的に苦しい状況でも、一度落ち着いて考えてから行動することを心がけることが予防策につながります。

個人事業主も狙われやすい傾向がある

中小の零細企業の場合には、資金繰りという点で頭を悩ませる個人事業主は多い傾向があります。景気などにも左右されやすく、事業が順調で業績も右肩上がりならば問題はありませんが、すべての企業が常に順調とは限りません。プロジェクトのミスや景気の悪化、ライバル企業に競争で負けてしまうなど事情はさまざまですが、業績が悪化すれば資金繰りがかなり厳しい状況に陥ります。

個人事業主としては企業の存続や抱えている社員達を守る意味でも、苦しい状況を打破しなければならず、精神的なプレッシャーやストレスはかなりのものといえます。このような状況の時にターゲットにされやすく、自らその手の業者に頼ってしまうケースや、時には業者側から直接接触を図ってくるケースもあります。ローンなどの借り入れの情報などがあれば、なんらかの方法でその名簿を入手しそこからたどり勧誘を仕掛けてくる場合もあるため、注意が必要です。

窮地に陥るような状況を作らないことが大切

闇金に頼るような状況は、できるだけ避けなければなりません。そのためには金銭管理をきちんと行い、貯金などをしておくことが必要です。また、多重債務に陥らないためにも、借金をした場合には計画的に返済を行い完済することが大切です。個人では生活にゆとりをもち、精神面の安定するような生活環境を整えていきましょう。個人事業主などの場合でも、ある程度資金繰りに余裕がもてるように、業績が上がる、景気が好調という場合にはある程度資金としてのストックを確保するように心がけ、資金繰りが滞らないようにする対策を常に行い、余裕ある経営を目指すことも必要です。

お金に関しては軽んじてはいけません。ちょっとした気の緩みから取り返しのつかない事態を招いてしまうこともあるため、日ごろからしっかりと金銭管理を行うことや無駄な出費をせずに節約を心がけましょう。どうしても金銭的なやりくりが難しい場合にローンなどを頼るのは仕方ありませんが、返済可能な額を自分の収入などから判断する、返済プランも最初の段階で行い無理なく返済ができる状態をつくるようにすることで、闇金に頼らずに済む生活や経営を行うように心がけましょう。