専門家に相談してください!闇金(ヤミ金)対策が得意な司法書士事務所や弁護士(法律事務所)を口コミ比較ランキングでご紹介!問題解決の近道です!

闇金の定義とは?

金銭に悩んでいるけど、普通の金融業者が融資してくれない人が闇金に手を出すケースがあります。

業者は、以上のような人たちを狙っていますので、審査なし、即日融資などの言葉で誘います。

しかしながら、手を出すと被害に遭う可能性があります。

ですから、定義を理解して被害にあわないことが重要になります。

貸金業法の登録と金融業者の関係性

貸金業を行おうとするケースでは、貸金業法に応じて都道府県知事、あるいは財務局長に対してのエントリーが求められます。

無登録で営んでいる貸金業者は刑事罰が科せられることになります。

従って、闇金業者とは、貸金業法の登録をしていない業者を意味しています。

以上のような業者は、かりに低い金利の貸付けでも該当するといえます。

とは言うものの、エントリーしているから、その業者が該当しないとは限りません。

出資法上において、貸金業者が貸付けを実施する時の金利の水準の上限は一年あたり20%と決まっており、これをオーバーする合法ではない金利の水準で貸付けを行う業者には刑事罰が科せられることになります。

要するに、エントリーしていても、上限に反して貸付けを実施する業者も全て該当することになります。

現実の上で、都道府県知事、あるいは財務局長の登録を隠れ蓑という形で活動する貸金業者は見受けられます。

闇金業者の主な特徴および判断のポイント

まず第一に、貸金業者のエントリーの有る無しは、インターネットの環境さえあれば、ホームページを利用することによって検索できます。

したがって、なによりホームページ上のリサーチでヒットしなかった場合は闇金の業者といえます。

しかしながら、エントリーしている業者もありますので、このやり方だけでは十分とはいえません。

金利の水準をチェックすれば分かるのですが、それを果たすには業者へと近づかなければいけませんので、推奨できません。

業者の特色としては、大々的なコマーシャルはしないという所があります。

合法ではない貸付けを展開していると認識しているので、納得できます。

そのため、ひとつの例として電柱やガードレールの張り紙、あるいはDMでの宣伝を行っている業者は疑うべきです。

それに加えて、広告の中身が審査不要、即日融資可能などと誘い込みを並べられた場合は、怪しいといえるでしょう。

一般的な消費者金融ならば、ブラックの人に審査抜きで貸付けなど実践するはずがないことは、考えれば理解できます。

業者は密かにコマーシャル活動をし、甘言に寄せられ、無防備に近づいた借り手を狙っています。

しかしながら、近づかなければ害を受けません。

従って、僅かでも怪しいと感じ取った業者には近づかないことがキーポイントとなります。

シビアな取り立ての特徴について

映画などで描かれている取り立ては、必ずしも大袈裟とはいえません。

業者は数々のテクニックで、借り手に対して心静かな判断をさせる時間を与えず、取り立てします。

昼夜に関係なく、しつこく家におしかけ、または何回も電話をかけ続ける取り立ては序の口といえます。

業者は、借り手の勤務場所、親戚、近所にまでおしかけ、または電話をかけ続けることになります。

運転免許証や年金手帳などを取り上げ、借り手に借金が見られることをとなり近所や勤務場所で触れることもとり行われています。

借り手やその家族に女性の方がいる場合、無理に働いて借金を返せと言うこともあります。

以上のような業者の取り立てによって、借り手の生活は破綻して、メンタルも崩壊することになります。

まとめ

闇金と言うのは、貸金業の形でのエントリーを行わずに法律違反の高い金利を取り、加えて悪質である手口でユーザーからお金の回収を希望する業者を示します。

緊急の状態でお金が入り用になった時など、人間はワラにもすがる意識で金銭を借りがちですが、定義についてしっかりと理解し、慎重に判断することが大事になってきます。

サイト内検索