専門家に相談してください!闇金(ヤミ金)対策が得意な司法書士事務所や弁護士(法律事務所)を口コミ比較ランキングでご紹介!問題解決の近道です!

闇金の見分け方を知ろう!

お金を貸してくれる業者として闇金があります。借金などをたくさんしていると、銀行などは貸してくれませんが闇金なら貸してくれます。ただ貸してくれた後が大変で、返済のトラブルが発生する可能性があるので注意しましょう。

 

 

魅力的な融資の条件を示してくれる

お金が足りないとき、金融機関を利用するとお金を借りることができます。銀行と消費者金融が一般的な業者になるでしょうが、厳しい審査を受けないと利用できません。年収が一定額ないといけなかったり、無職だと利用できなかったりするときもあります。さらに過去に借入でトラブルがあるときは、その記録があるために利用できないときもあります。その時に借入をさせてくれるのが闇金になりますが、以上高金利での貸し付けとなり取立などが厳しいなど利用者にとっては借りてからが大変になります。

闇金対策としては業者の見分け方が分かると良いかもしれません。通常の貸金業者は厳しい審査など利用しにくい設定がされていますが、それに対して魅力的な融資の条件を示してくれるところが多いです。過去に借入のトラブルがあったとしても、関係なく利用できるケースが多いです。多重債務があったとしても、無職などでも借りられるようになっています。銀行などで借りられなかった人はわらをもすがる気持ちで利用したくなるでしょうが、その後のことを考え利用は控えましょう。

貸金業としての登録をしているかどうか

何らかの事業を行うとき、自由に行える業種もありますが、一定の登録などをしないといけない業種もあります。お金を貸す業種に関しては、昔は結構あったとされます。しかし業者が倒産すると利用している会社等にも影響を及ぼす可能性があります。今はいろいろ条件が決められていて、簡単に誰もが事業を起こせるようにはなっていません。

闇金対策としてはその金融機関が闇金かどうかを知る必要がありますが、見分け方として所定の登録がされているかどうかをチェックしましょう。まずは貸金業登録番号があります。国の認可があるかどうかを見るのに良い情報で、無名の消費者金融などでももちろんこの登録を行っています。関東財務局長の後ろに番号が記入されています。それ以外に日本貸金業協会会員かどうかがあります。こちらは貸金業を行うときに任意に加入する機関で、国の認可を受けているところです。闇金は監視などをされたくないでしょうから、通常は認可も受けませんし会員にもなりません。架空の番号を使っている可能性もあるので、確認をしておきましょう。

住所や電話番号がはっきり表示されているか

各会社にはもちろん本社などがあります。会社を設立する時には登記をする必要があるので、何らかの形で登録がされます。ただあくまでも住所などが登記されていればいいので、その住所がビジネス街にある時もあれば、一般の住宅にあるとき、時には雑居ビルであったりレンタルオフィスになっているときもあります。

闇金対策のうちの1つとして、その業者が闇金かどうかの見分け方では、ホームページなどに会社に関する情報がきちんと出されているかどうかです。住所と電話番号は会社にとって大事な情報になるでしょうが、はっきり出していなければ要注意となるでしょう。電話番号はあるがそれが携帯電話の番号だとしたら問題があるかもしれません。住所などがはっきりしない所すべてが闇金とは限りませんが、可能性としては高くなります。問題がありそうな条件に該当しそうであれば、利用を敬遠しましょう。どうしても利用したいときは、実際に電話をかけてみたり、表記されている住所に行ってみましょう。一般の会社として運営されていればいいですが、されていないなら使うのをやめましょう。

 

闇金を利用すると、返済トラブルに巻き込まれ法律事務所などに相談しなければならなくなります。できれば闇金を利用しないようにするのがベストと言えるでしょう。そのためには、どんな業者が闇金かが分かると避けることができるようになります。