専門家に相談してください!闇金(ヤミ金)対策が得意な司法書士事務所や弁護士(法律事務所)を口コミ比較ランキングでご紹介!問題解決の近道です!

闇金の嫌がらせの手口の種類

 

お金を借りる時は返済しないといけませんが、返済期間までに利息も含めて返済すれば特に問題はありません。
しかし返済できないと一定の取り立てがあります。
銀行などは規制に基づいた取立をしますが、厳しい取り立てをするところもあります。

 

常識では考えられない数の電話がかかる

子供の時などに好きな子の家にいたずら電話をかけたことがある人はいるでしょう。子供ですから何回もかけるわけではなく1日に数回程度です。それでも何となく悪いことをしているように感じた人もいるかもしれません。今は固定電話ではなく携帯電話が一般的になっているので、自宅にいたずら電話がかかってくることはないかもしれません。それでもかかってくれば応対して、要件などを聞くことになります。

闇金の嫌がらせの手口としてあるのが電話です。金融機関からお金を借りて返済をしなければ、一定の頻度で電話はかかってきます。一般の銀行や金融機関は常識の範囲内で行います。一度返済できないといえば何度もかけてくることはありません。しかしそれでは返済をしようとの圧力にはならないでしょう。

常識では考えられないような数の電話がかかってきて、生活に支障が出ることもあります。早朝であったり夜遅くなどにかかってくることもあり、苦しくむこともあります。法律事務所などに依頼をすると、直接電話はかかってこなくなります。

 

住宅に直接来られて付近をうろつかれる

自分自身の住宅を利用するのは、自分の家族や親族の他友人など自分のことを知っている人でしょう。その他近所の人などがいるかもしれません。全く知らない営業マンなどが来ることもありますが、通常はその家を狙ってくるのではなく、いろいろな家に営業をするときにそのついでに来ることが多いです。基本的には自宅にあまり知らない人が来ることはなく、そんな人が毎日のように来ることもないはずです。

闇金の嫌がらせの手口として、自宅の近くなどに直接来ることがあります。インターホンを鳴らす人もいれば、玄関をどんどんと叩いて近所に聞こえるようにする人もいます。玄関を開けると恐ろしい取り立てをされますし、玄関を開けなければ音を立てられ、周りにも迷惑が掛かります。

さらに嫌なのが自宅周辺をうろつかれることでしょう。一般の社会人に比べると少し怖そうな雰囲気を持っている人たちなので、何かトラブルを持っていることがばれてしまいます。賃貸物件を利用していると、場合によっては退去に追い込まれることもあるので注意しましょう。

 

職場に影響があるような行動をされる

お金を借りるとき、事前に一定の個人情報を渡します。これによって逃げも隠れもせずきちんとお金を返す意思表示をすることができます。自分自身の名前や電話番号、住所などを聞かれますが、それ以外に勤務先の情報の提供を求められます。銀行などでは働いているのを前提にしているので、必ず伝える必要があります。必要に応じて、勤務先に取立の電話がかかってくることもあります。

闇金においてはどうかですが、必ずしも仕事をしていないと利用できないわけではないので、伝えるかどうかはその時の状況によるでしょう。しかし伝えてしまうと、それを元に嫌がらせをされる可能性があります。手口としては電話をかけてきたり会社に押し掛けてきたりがあります。

電話は営業時間中に何度もかけてきて、会社の業務を妨害します。押しかけも会社の営業時間内に来るため、お客さんにも迷惑が掛かりますし、会社の社員にも迷惑が掛かります。あまりひどいと会社にいられなくなるので、退職しなくてはいけなくなるときがあります。

 

どうしてもお金が必要で、高金利であるのを知って借りてしまうときがあります。返済ができればいいですが、できなければ厳しく取立されます。電話を何度もかけられたり、自宅や会社などに押しかけられて日常生活ができなくなります。