専門家に相談してください!闇金(ヤミ金)対策が得意な司法書士事務所や弁護士(法律事務所)を口コミ比較ランキングでご紹介!問題解決の近道です!

闇金には借金を支払わなくていい?

貸金業登録をしていない悪徳業者から借入した借金に返済義務はありません。

支払いを不要にするためには専門家に依頼するのが好ましく、自分で交渉するよりも有利に事を運ぶことができます。

厳しい取立てに悩んでいる方は弁護士や司法書士の力を借りてください。

 

悪徳業者からの借金は自力解決が難しい

お金の問題は非常に厄介なもので、自力で解決できないケースが少なくありません。

たとえ親族間であっても借金の問題で大喧嘩になり、関係が悪化してしまう話は数多く聞かれています。

それが闇金ともなれば自力解決は困難であり、無理をするほど借金は膨れ上がりますし、周りにバレることにもなりかねません。

最近の闇金は融資をするときに、執拗に個人情報を求めてくるケースが多く、親族や友人の住所・電話番号まで聞いてくるところがあります。

悪徳業者にとってこれらの情報が担保となり、利息の支払いができないときに脅すために使うわけです。

悪徳業者は貸金業法を犯しており貸金業登録などしていません。

形式上は貸金業登録をしているケースがありますが、実際は法外な超高金利で融資しているところもあります。

現在は20.0%を超えた金利は違法であり、金利を見れば悪徳業者かどうか見極めるのは難しくありません。

20.0%超の金利で借りている方は、早めに専門家に相談してください。

 

闇金から借りた借金は返済する必要がない

結論を言ってしまえば闇金から借りた借金には返済義務はなく、取立てを受ける筋合いはありません。

違法金利での取引は無効になるため、元金・利息ともに1円も返済する必要はないわけです。

とは言っても相手は違法を熟知して貸し付けている悪徳業者なので、そのような理屈は通用しないです。

延滞すると毎日執拗に取立ての連絡をしてくるようになり、健全な生活に支障が出てくるでしょう。

一般的な金融機関ですと取立ては1日1回の連絡をしてくれば多いほうですが、闇金の場合は1日に50回以上電話を入れてくることがあります。

悪徳業者にプライバシーの厳守という言葉は存在せず、いつどこであろうと連絡を入れてきます。

夜遅くに取立てをしてくるのはもちろん、会社に連絡を入れてくることもあるわけです。

さらに悪質なのは親族・友人・会社などに借金のことをバラすと脅してくることです。

借入した相手が悪徳業者だと認識したら、早めに弁護士や司法書士に相談して解決しましょう。

 

闇金問題を専門家に依頼する必要性とは?

弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば闇金への支払いを不要にしてくれます。

悪徳業者の性質として面倒を嫌うことがあり、専門家が介入してくるとあっさり身を引くことが多いです。

ひとつの案件に多くの時間をかけていると割に合わないと考えるため、元金・利息ともに諦めるわけです。

悪徳業者は合理的な考えをするのが特徴で、回収できるところから回収しようとします。

闇金問題を解決するには警察に通報する方法もありますが、すぐに着手してくれるとは限りません。

警察は重大な問題から優先的に着手するので、借金問題は後回しにされる可能性があります。

悪徳業者は少額を貸付して、高い利息を得ることで利益を獲得しています。

そのため借り手が全額返済をしたいと申し出ても、なかなか応じてこないわけです。

難癖をつけて完済させず、延々と利息を回収してくる業者もありますから、やはり弁護士や司法書士に相談するのが得策でしょう。

専門家に相談すれば早急に業者と交渉し、今後の元金・利息の支払いをしない方向で交渉してくれます。

 

悪徳業者と認識せずに借入してしまい、実は闇金だったというケースがあります。

闇金に対して借金の支払いをする義務はありませんが、道理が通用する相手ではありません。

悪徳業者との関係を完全に断ち切るためには弁護士・司法書士に依頼し、法律の力で元金・利息を無効にしていく必要があります。

20.0%を超える金利で借りているなら、相手は闇金だと考えてよいでしょう。

サイト内検索